日テレ系の番組【上田晋也の超頭脳トレード】の企画に技術協力させてもらいました。

試作品・プロトタイプ製作の技術ノウハウを駆使し、マネキン製作をしました。

かなり厳しいスケジュールでしたが、関係会社の皆さまにもご協力いただき、

国外工場も使うことで、なんとか短納期で用意することができました。

 

 

   日時: 6月6日(月) 21:00〜22:54

   テレビ局: 日本テレビ

   番組名: 上田晋也の超頭脳トレード

   番組ホームページ: http://www.ntv.co.jp/program/detail/21850705.html

 

3D SCAN

 

 

人物SCANという一瞬「0.1秒」で全身のスキャンデータを読み込む方法をとりました。本来、呼吸による胸の動きだけでも正確なデータではなくなってしまうものを、専用機材を使用して全方向・全角度からSCANを行うことで可能になりました。

 

 

「菜々緒」さんをモデルにさせていただいてます。  

 


3D プリンタ機材

 

 

SCANデータを編集・調整を行い、3Dプリンタ出力を行います。

今回、「Objet1000」を使用しました。放送時は国内でも1台しかないという希少かつ、かなりハイスペックな機材になります。

 

 

製作風景を番組スタッフが撮影しています。

 

   

 


3Dプリンタ製作風景 ①

 

 

3Dプリンタの造形出力中の内部画像です。頭上方向からの写真です。

 

今回の企画でもあるマネキンの顔部分を製作中です。

 

 

 

 

 

 


3Dプリンタ製作風景 ②

 

 

3Dプリンタの造形出力を違う角度から拡大したものになります。

 

 

マネキンの顔部分の完成画像です。

 

 

 

 

 

 


マネキン 切削

 

 

複数のパーツに分けて作ることで短納期で製作できます。データ精度を高くできれば、それだけ高品質に繋がります。

 

 

マネキンのつま先部分の切削動画です。

 

 


マネキン 組立

 

 

腕パーツなどはマグネット脱着式にしました。切削ベースの本体ですが、実際のマネキンとしても使いやすい仕様にして作ってます。

 

 

マネキンの腕部分の組立になります。

 

 

 

 

 


完成

 

 

全てを組み立てて、マネキン完成です。

モデルの「菜々緒」さんと同じポージングになりました。

この時点でも、頭の小ささと、手足の長さの凄さが伝わります。また、腕と足で作った三角の空間が綺麗に表現できたと思います。3DSCAN時に着用していた衣服も、データ修正を行うことで影響が無いように仕上げました。

 

 

 

この後、

特殊メイクで表情のベースを作り、メイクアップの工程を経て完成になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

自動車部品・医療機器・工作機械部品・宇宙航空機部品に限らず、どんな相談でも受付致します。

試作品の納期が無くて困っている、アイデアを形にしたい、などなど

何かあれば下記の電話番号、もしくはメールフォームより、お気軽にお問い合わせ下さい。